代表紹介

マーブルグ平野里砂

資格、会員等

プロフィール

  • カリフォルニアで生まれ6歳のときに日本に帰国。そのあとは公立小学校、中学校、県立高校を経て上智大学外国語学部英語学科入学。

  • 大学3年の時にバージニア州立ジョージメーソン大学に交換留学生として派遣される。コミュニケーションを専攻し、ジャーナリズム、異文化コミュニケーション、スピーチ学を学びコミュニケーション全般に対する興味をもつ。

  • 大学卒業後、米国に移住。リサーチアシスタントとして米系土木工学研究機関に所属していた際に某日系企業の理事長の通訳を頼まれ、全米数都市を同行通訳。日米双方の参加者はアマチュアな通訳にも辛抱強くお付き合いくださったが、思うように通訳ができない自分に悔しさが残った。同時に通訳の面白さにも目が開かされた。

  • その後通訳学校にて元大統領通訳Harry Obstから通訳トレーニングを受けた後2002年に独立開業。

  • 2005年には米国国務省の登録通訳試験に合格。アメリカ政府からも仕事が舞い込むようになる。

  • 2004-2008年は長期プロジェクトの一環として感染症研究の医学論文の翻訳メンバーに。ここで微生物学、化学を中心に医学、科学の知識と翻訳スキルを培った。

  • ワシントンDCにほど近い立地条件のため特に政府機関のクライアントが多いが、その他IT企業、法律事務所、製薬企業、大学、非営利団体等これまでおよそ300社(もしくは機関)のクライアントの案件に対応してきた。

  • 国の在り方、そして世界の方向性について熱く語る政治家のクライアントや真剣に仕事を語るビジネスマンとの出会い、普段気にもとめなかった生活のあらゆる場面で法律や政治の仕組みやビジネスがかかわっていることを通訳の仕事をしながら肌で感じとること、最先端の技術開発を目の当たりにすること、等がこの仕事の醍醐味だと感じている。

稲田防衛大臣(当時)参加の

シンポジウムにて

舞台上で通訳(逐次・同時通訳)

立憲民主党枝野代表他とバーニー・サンダース上院議員との面会(携帯機材を活用しながらの同時通訳)

学識者との面談(逐次通訳)